ホーム
トトノエルブログ
知らない間にばんざいしながら寝ていませんか?ただの寝相と侮ってはいけません!!

2017/11/28

知らない間にばんざいしながら寝ていませんか?ただの寝相と侮ってはいけません!!

EMS肩の痛み酸素カプセル鍼灸(はり・きゅう)

田畑 友里恵

朝起きると両手が上にあがってまるでバンザイ

をしていたことはありませんか?

赤ちゃんもよくバンザイをしながら寝ていますね。赤ちゃんは寝ている時、は足にも力が入っておらず、ガニ股になっているということから、全体的に力をぬいて寝るとバンザイ寝になると考えられます。

他にも肺が未発達のため、呼吸がうまくできないので、バンザイ寝をすることによって寝ている時にもしっかりと呼吸ができるようにする説、大人と比べて体温が高いため、熱を放出するのに布団から手を出して寝ているなど色々諸説あります。

赤ちゃんのバンザイ寝は問題ありませんが、私たち大人のバンザイ寝は不調のサインだったりします。

 

なぜバンザイしてしまうのか

呼吸が浅いから

スマホやパソコンに向かって前傾になるデスクワークが多かったり、猫背やストレートネックになっている人が多いため、呼吸が浅くなってしまいます。

背中が丸くなると肺が圧迫されるので呼吸ぁしにくくなります。

ハァハァゼィゼィとわかりやすく呼吸がしにくいという感覚はなくとも、呼吸が浅いために身体が慢性的に酸素不足な方が多いです。

息を吸う時は肋骨は上にあがり、吐く時は下に下がります。普段から呼吸が浅いと肋骨が下に下がっていたり、肺の周りの筋肉か硬くなったりします。

そのため寝ている時もしっかり呼吸ができず、無意識にもっと息を吸おうと腕をあげてしまうのです。

腕をあげると肋骨の位置が上にあがり、肺が広がるので一瞬息はたくさん吸えますが、そのままの状態だと実は呼吸はしづらくなります。

呼吸をしやすくするためのバンザイ寝が実は睡眠の質を悪くしてしまうのです。

呼吸の浅さは姿勢のほかにも肥満やストレス、鼻炎などのアレルギーが原因となって引き起こされる場合も多くあります。

 

首、肩、背中がこっているから

首や肩がこっていて意識してもしなくてもバンザイのポーズをとる場合があります。
バンザイをすると楽には感じますが、実際にはバンザイ寝は首肩に負担をかけるどころか、四十肩や五十肩を発生させる原因になってしまいます。

背中の筋肉がガチガチ硬くなってしまうのも、バンザイ寝の原因の1つです。

それは呼吸に背骨の位置や肋骨の可動域が深く関係しているからです。

背中の筋肉は肋骨を覆うようについています。

背中の中の骨や、骨の中の肺も十分に収縮することができず、呼吸が浅くなるのです。

また、猫背やストレートネックが原因で背中の筋肉が硬くなると、まっすぐ仰向けに寝るのが辛い場合があります。
するとバンザイのポーズをとって、背中を楽にしようと無意識に腕を上げてしまうことがあるのです。

 

寝具の問題

バンザイ寝の原因の1つとして、ベッドや敷布団に問題がある可能性もあります。

ベッドや敷布団があまりに柔らかいと、腰が下に沈みこんでしまうので体のバランスをとるため腕を無意識に上げてしまうのです。

体は常に「一番楽な姿勢」を探して寝返りを打つのですが、ベッドが柔らかすぎて体が沈んでしまうとうまく寝返りを打てません。
そのため不自然に腕を上げてどうにか腰の負担を減らそうとするのです。

 

バンザイ寝をしないためには

【身体の血行を良くする】

身体を温めて血行を良くすることで首、肩、背中の筋肉の硬さを改善しましょう。

冷え性の方必見→末端冷え性の改善には酸素が良い!!

基礎代謝をあげたい方は→EMSでインナーマッスルを鍛えよう。あなたのインナーマッスルは衰えていませんか?

 

【寝返りをうてるようにする】

寝具を変えることもバンザイ寝の予防に効果があります。

まず身体に合った枕、マットレスを使うことで首や肩のこりが改善され、腕を無意識に上げることがなくなります。

他にもあなたが普段パジャマにしている部屋着は動きにくい素材ではありませんか?

フードがついているせいで首に負担がかかっていたりしませんか?

高いパジャマを買う必要はありませんが、寝るのに適した素材と動きやすさを持つ部屋着を選択することはとても大切です。

普段意識することはありませんが、冷静になって考えてみると、睡眠時間は人生の1/3をも占めているのです!
この時間に投資することは無駄にはなりません。

マットレス、枕をお探しの方は→今おすすめのメーカーはこれだ!

 

【首、肩、背中の硬さを改善させる】

先ほど書いたように、首、肩、背中の筋肉が硬さがバンザイ寝の原因の1つです。

軽い運動や、ストレッチをし、筋肉の硬さを改善させましょう。

猫背からくる硬さにお悩みの方→生活習慣でなってしまう猫背の原因と姿勢が良くなるメリット

目の疲れからくる硬さにお悩みの方→眼精疲労解消マッサージ|効果と適応症状

 

【ストレス解消をする】

ストレスがたまるとまず呼吸が浅くなります。

呼吸のしにくさもバンザイ寝の原因の1つです。

ストレスを上手に発散させましょう!

 

寝ても疲れがなかなかとれない方はこちら→酸素カプセルとは?酸素が身体に良い理由と5大効果

また忙しく接骨院まで来れない方は訪問鍼灸をやっています。

お悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

 

 

詳しくは各院にお問い合わせください。
本院(さいたま市):048‐789-7747
分院(富士見市):049‐214-0800